川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

あなたの努力を知っています!

    昨日は、小6のランキングテストだった。

 

僕は、帰り際のある子に声をかけた。

 

「テストどうだった?できたかな?」

 

声をかけた直後の満面の笑みで

 

僕は、その子の結果を察した。

 

ここには書かないけど、

 

実は、

 

その子が辛かった時のことを知っている。

 

だから、声をかけるタイミングを僕は探していた。

 

『辛い時に声をかけて欲しい』のか、

 

『辛い時には声をかけて欲しくない』のか。

 

これは、その人によって違う。

 

僕は、今だなと思って、昨日、声をかけたんだ。

 

うん。

 

間違っていなかったと思う。

 

そして、もう1人。

 

先日のランキングテスト前の最後の授業では、

 

数学のペナテストがあった。

 

そこで、僕はある事に気付いた。

 

僕は、基本的にテストを配る時には、静かになって姿勢がいい列から配っていく。

 

小6ともなると授業の開始のタイミングで、

 

生徒達は、ピシッと背筋を伸ばし、

 

テストが配られるのを待っている。

 

生徒達は、もうそれが習慣になっていて、分かっているんだ。

 

全員にテストを配り終えた時、

 

僕は、気付いたんだ。

 

ほぼ、解き終わっている子がいた事に!

 

何てスピードだ!

 

その子は、小4から知っている。

 

間違いなく、

 

そこから2年で大きく成長した。

 

その子の成長の影に隠れてしまっているが、

 

親の存在が大きい!

 

僕らには、生徒を通して、

 

親の姿勢までが、透けて見えるんだ。

 

今回の小6のランキングでは、

 

みんなが本当によく頑張った!

 

普段なら、子供達を褒めたいところだけど、

 

このブログでは、保護者の方を褒めたいと思います。

 

親って、どんなに子供が結果を出しても、

 

褒められる事って少ないですよね!?

 

でも、その結果を導いたのも、

 

実は、親のサポートが大きいのです。

 

小6の保護者の皆様!

 

お子さんとの二人三脚、ありがとうございます!

 

今回の結果は、お子さんの努力もありますが、

 

保護者の皆様のサポートがあったからだと思います。

 

でも、仮に思うような結果が残せていなくても、

 

子供を責めたり、自己否定をしたりはしないで下さい。

 

完璧な人間がいないように、

 

完璧な子供も、

 

完璧な親もいないのです。

 

失敗をしながら、

 

改善していきましょう。

 

ランキングテストは、

 

『大量のインプット』と『高速のアウトプット』が求められます。

 

実際、時間ギリギリに終わる子や時間が足りなくなっている子がいました。

 

上位に入る子は、

 

上記の2つが出来ています。

 

昨日のテストも、上位の子は、

 

理系の60分のテスト時間のところを40分ぐらいで終了させています。

 

上位に入れなかった子は、

 

『大量のインプット』と『高速のアウトプット』を意識してね。

 

 

今日は、こちらの動画をどうぞ↓

開成高校卒で、東大法学部卒のコバショーさんのチャンネルに出演しました↓

中学の内申アップ!定期テストの点数アップについて話をしています↓

https://youtu.be/3YtvM82BvfY

 

ある中学で、中1の生徒が誰も解けなかった問題!?理科の濃度の計算!

僕が中1の時には、間違いなく解けなかった問題です↓

https://youtu.be/HOVNSBJmRbk