川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

約10人の生徒が、午後から自習!

 
 
 中3は、約10人の生徒が、

午後から自習に来ている。


中2でも、上位の子達は、

塾に来て勉強しているね。


新人戦等の関係で、


早く帰宅できる学校がいくつかあるみたいだね。


ふむふむ。


やはり、上がる子は、


普段の塾以外の時間も勉強しているよね〜。

『えんとつ町のプペル』を応援しています!


 話し方の学校の鴨頭さんの授業を受けて、

そこから、僕は、齋藤さんと繋がりました。
(僕も齋藤だけど笑)


齋藤さんが、

えんとつ町のプペル』の映画のポスターを配布していましたので、

頂きました。


そして、僕は、塾の入り口に貼りました!



 f:id:akira5669:20200928131414j:plain


f:id:akira5669:20200928131418j:plain


f:id:akira5669:20200928131421j:plain


西野さんの『えんとつ町のプペル』の絵本は、


本当に泣けます。



下のリンクから、無料で読めます。


興味がありましたら、読んでみて下さい。



僕は、無料で読んでから、


絵本を購入しました。




どこで人と繋がるのか、


人生、誰にも分かりません。


人とのご縁を大切にしたいですね。


齋藤さん、


ポスターの送付、


ありがとうございます😊

動物と話ができる電話を発明!

 
 最近、双子には、


計算やひらがなの練習などの単純な勉強より、


思考系の勉強をさせている。



動物と話ができる電話を発明。


いぬは、「   」といいました。



ねこは、「    」といいました。



とりは、「      」といいました。



「  」に当てはまる言葉を考えて、


書き入れる問題だ。


太陽が書いた文は、こちら。




f:id:akira5669:20200927164240j:plain


読めないと思うので、

書き直すと、



いぬは、「おかしをくれ」といいました。






ねこは、「おしっこをあげる」といいました。






とりは、「うんちをあげる」といいました。



いかにも幼稚園児が、


書きそうな言葉を書いたんだ。


おしっこも、

うんちも、

欲しい人はいないと思うんだけどね〜笑


双子は、


休日も、楽しく勉強しています😄

塾が家と化す!

 
 完全に寛いでいる生徒達。

 
 f:id:akira5669:20200926234806j:plain


f:id:akira5669:20200926235059j:plain


高校生ぐらいになると、


塾で寝る子がいる。


もう塾じゃなくて家だよね笑


彼らは、川高生で、

毎日のように、塾に来ている。

1ヶ月で、彼らの姿を見ない日はない。

結果を出している、

AランカーやBランカーの子達なのだ。


結果を出していれば、


他人に迷惑をかける事以外、


塾では何も言われない。


本当に、自由だ。



塾の男子トイレの近くに、


誰かが貼り紙をしたようだけど、


これも言われない。


勉強している子には、

最高に居心地が良い場所。

勉強しない子には、

居心地が悪い場所。

それが松江塾!



勉強しない子が集まり、

居心地が良い場所になってしまったら、

それはもう、塾ではなくなるよね!

定期テストの範囲が2倍!?


 いくつかの中学で、


定期テストの範囲が出てきた。


中3のテスト範囲が、とんでもない事になっている。


休校期間の穴を埋めるために、


猛スピードで進んでいるようだ。


例年の2倍のテスト範囲になっている教科もあるみたいだね。


数学は、


平方根二次方程式、二次関数


3つの単元がテスト範囲になる中学がある。


また、社会は、


テスト範囲が100ページを超える学校もあるようだ。



これが、今年の定期テストの現状だ。

塾生の3人に1人が購読している!?

 
 先日は、保護者の方に、


読売KODOMO新聞を紹介されました。


僕の家では、


約2年前、


お試しで娘に読ませてみたんだ。


その時は、まだまだ早かったみたいで、


興味を示さなかった。


今は、さく子も小3になり、

知識が増えてきた。


また読売KODOMO新聞を購読しようと思っています。


小6の授業の時に、

読売KODOMO新聞の話をしたら、

約3人に1人、
購読している事が判明!



意外と多い事に驚き!



世の中の流れを知るためにも、


読解力を付けるためにも、


活字に目を通すことは必要だね。


僕は、早速、


読売KODOMO新聞の申し込みをしました。