川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

意外な事実!?

 

 この3連休!


中学生は、塾で30時間の勉強をする。


先週、今週と模擬テストを行なってきた。


直前は、


各自が、


今の自分に、


何の教科のどの範囲の勉強が必要か、


判断してもらっている。


時には、失敗もあるだろう。


それも経験。


最近、入塾したある子は、


間違いなく、伸びている。


自分から積極的に質問するタイプでは無いが、


自分で考えて行動している。


このタイプの場合、親は心配する。


『うちの子、学校でも、塾でも、


質問できないんです』と。


親の気持ちも分からなくないけど、


実は、このような子は伸びる。



僕らはプロだから、



誰が、



どこで躓いているか気付いている。



こちらから声をかける事もある。



でも大切なのは、まず、


『自分で考えること!』



そこをすっ飛ばして、


自分の頭では考えず、


ただ質問するタイプの子になると、


超危険!


説明を聞いて、


分かったような気になって、


でも、


テストでは点が取れない子になる。


意外かもしれないが、


先生への質問が苦手なタイプの子の方が伸びるんだ!


勿論、例外はあるけど、


多くの生徒を見てきた、


一つの答えです。

松江塾の実力!44点!45点!48点!

 
 中間テストがあった、

ある生徒達の理科の点数は、

こちら!

44点!

45点!

48点!


生徒達が、僕のところに来て、

報告してくれた。


え!?


低い!


そう思いましたよね。




50点満点です。




100点満点に直せば、平均90点を超える!



これが、松江塾の実力。


しかも、


『自学』の結果!


さあ、期末は、もっと爆上げするぞ!!

人生いろいろ

 
 実は、午後9時半前に塾を出た。


息子が、家で、足の裏を切って、


流血してしまったからだ。


僕の仕事中には、


基本、妻は、電話をしてこない。



しかし、電話があったという事は、


何か大変な事があったんだろうなと予想が出来た。


電話で息子の怪我だと分かり、


真島先生に伝え、


急いで、帰宅した。


救急車を呼ぶほどではないが、

夜間救急には行った方がよいらしい。

妻は、♯7000番で、

初期の処置などを聞いてくれていた。

しかし、その後、

夜間救急に電話が繋がらない。

または、繋がっても対処してくれない。

やっと繋がっても、

何時間も待つ可能性があるとの事だった。

それでも、

直ぐに見てもらった方がいいだろうと思い、

向かったのが午後10時半。

病院に着いて、1時間以上待ったけど、

呼ばれる気配はない。

看護師さんが簡単に見てくれて、

血が止まっている様子を見て、

医師にも確認をとってくれた。

何とか、大丈夫そうだった。

このまま診察を待つと、

朝になる可能性もあり、

帰宅する事を決めた。

そして帰宅したのが、12時過ぎ。

言われた通り、

傷口を水で流し、

消毒した。

医師に、しっかり診てもらってはいないので、


明日、病院で診てもらう。


人生はいろいろ。


家族が増えれば、





喜びも、





悲しみも、





増える。




喜びは、


分かち合い。



悲しみや困難は、



支え合いながら、



乗り越えていく。



ホント、人生いろいろ。




実は、帰り際に寄ったコンビニ。


レジには、

卒塾生がアルバイトの店員さんとして、

立っていた。


もう、あの子も、就職か。

早いな〜。

その子が、中3の時には、

その子のお母さんから、

たくさんのメールを頂いた。

ここには書けないけど、

いろいろあったんだ。


ホントに人生いろいろ。



僕は、最近、この動画で泣きました。





強い人は、美しい。

けど、みんながみんな強くはない。

弱さがあっていい。

落ち込む事もある。

けど、また前を向く。

そうやって、前に進んでいく。

親が見たいのは、子供が◯◯で◯◯る姿!

 親が見たいのは、


子供が本気で頑張る姿


だと思う。


例えば、1学年100人の学校があったとして、


毎日コツコツ勉強して、


学年30位の子がいたとしよう。


一方で、


テスト前にちょこちょこっと勉強して、


学年10位の子がいたとする。


きっと、親の反応は違うと思うんだ。


前者なら、


親も、


『よく頑張ったね』と褒めるだろうし、


後者なら、


『まだやれるのに、何でもっとやらないの!』


と不満を募らせるだろう。


親は、


子供が本気で取り組む姿を見たいんじゃ無いかな!?


極一部の人は、

そんな事より、

結果が全てと、

数字にこだわるでしょう。

そんな方がいるのも、勿論、分かります。


でも、大多数の大人が、


まずは、


子供の努力する姿を見たいんじゃ無いかな!?


仮に、


今の順位や偏差値が低かったとしても、


まずは、


本気で何かに取り組む姿勢を見たいと思うんだ。


これは、


勉強でも、スポーツでも、同じだと思う。




子供が、初めてハイハイをした時、

嬉しかったですよね!?



子供が、初めて掴まり立ちをした時、

応援していましたよね!?



子供が、初めて歩いた時、

どんな気持ちでしたか?




なぜ、他の子より、



歩く時期が遅いんだ!



なぜ、もっと早く歩けないんだ!



そんな事、思ってました?笑


思っていませんでしたよね。



必死に、一歩ずつ、



前に進もうと努力する姿に、



感動した方も多いはず。



僕らは、


子供の『本気』を引き出します!


ある子は、


叱られる事で本気になるだろうし、


また、ある子は、


褒められたり承認されたりする事で、


本気になるだろう。


親が見たい景色を、


僕は、この松江塾で、

 
実現させます!


子供が、本気で頑張る姿がここにあります!






あなたのお子さんは、


こんなに大きくなりましたよ!

偏差値61の恐怖!


 偏差値61のさく子の実力をご覧頂きたい。


 


お分かり頂けただろうか!?


もう一度、よくご覧頂きたい!




毛ふ!?


けふ!?


・・・

『もうふ』やろ!


偏差値61のさく子の本当の実力は、


こんなもんじゃない!






お分かり頂けただろうか!?


もう一度、よくご覧頂きたい!






うれしそうな頭!?


うれしそうな『頭』って、どんなやねん笑


これの事か!?



『頭』じゃなくて『顔』だよね。


このように、


早めに親が気付く事が大切ですよね☆


気付かないで、


そのまま学年が上がっていく事が、



本当の恐怖です!

ランキング1位は、あの子!?

 小6の子達は、他の学年より一足先に、

ランキングテストとなった。

これは、

2月24日の月曜日が、祝日のためだ。


このランキングテストで1位を取るような子は、

中学で、1位、2位、3位などの順位を取って来る!

ランキングテストは、

中学の定期テストに合わせた問題となる。

大量のインプット!

大量のアウトプット!

そして、大量の問題を高速で解く!



今回の1位は、





あの子だ!




僕らの目から見ても、

完全に『自学』が出来ている!

この子が進学する中学は書けないが、

間違いなく、

新中1の1位は、

松江っ子のものだ!

ふふっ!



3ヶ月後の5月の中間テスト!



松江っ子達が、ぶっちぎる!!