川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

警察に電話!

 

   僕は、過去に110番をした事が3回ある。

 

1回目は、12年ぐらい前。

 

忘れもしない、

 

生徒達をディズニーへ連れて行く前日。

 

塾では、毎年、

 

中3の受験を終えた生徒達をディズニーへ連れて行っている。

 

僕は、塾の仕事を終えて、

 

駐車場まで歩いていたところ、

 

道路の真ん中で、

 

寝転んだ年配の女性を発見した。

 

60代前半だろうか。

 

どうやら自転車で転んで、

 

立てなくなっているようだった。

 

僕は、

 

声をかけて、

 

手を貸し、

 

道路の端まで一緒に移動した。

 

お酒を飲んでいたようで、

 

ろれつが回っていない。

 

そんな時に、

 

自転車で通りかかった、

 

20代後半の女性も、

 

心配そうに手を貸してくれた。

 

安全な場所まで移動したけど、

 

その年配の女性が1人で帰宅できるとも思えなかったので、

 

僕は、110番をして、警察に来て頂いた。

 

あのまま、道路の真ん中で寝ていたら、

 

車にひかれていたかもしれない。

 

また、凍死の可能性もあった。

 

それが、1回目。

 

約12年前の僕の楽天ブログにも、

 

書いてあった。

 

f:id:akira5669:20191001131326p:image

 

2回目は、

 

7、8年前だろうか。

 

12月のクリスマス前だったと思う。

 

仕事を終えて、小腹が空いたので、

 

クレアモールで1人、

 

夕飯を食べた後だった。

 

塾に戻るために歩いていたところ、

 

道路の脇で、寝ているサラリーマンを発見。

 

酔い潰れて、完全に寝てしまっている様子だった。

 

このままでは、凍死してしまう。

 

周りにも人はいたけど、

 

声をかける様子は無かった。

 

僕は、110番をして、警察の方に来て頂いた。

 

そして、3回目は、昨晩。

 

時刻は、午前0時を回っていた。

 

僕が、A館、B館、C館の机や椅子の移動を行なっていたところ、突然、老婆が、

 

僕の前を通り過ぎた。

 

一瞬、焦った。

 

こんな時間に!?

 

そう思いながらも、

 

2時間ほど、

 

机や椅子の移動と掃除をしていたら、

 

先程の女性が、また僕の前を通り過ぎたのだ。

 

気になったので、

 

少し離れたところから様子を見ていると、

 

行ったり来たり、彷徨っているようだった。

 

これは、認知症か何かに違いないと思い、

 

警察に電話をしたのだった。

 

時刻は、午前2時を過ぎていた。

 

その後、来て頂いた警察の方とその女性で話をした。

 

僕は、その場を離れて塾に戻ったのだけど、

 

20分以上、そこにいたようだった。

 

その女性は、

 

自分の住所や電話番号も答えられなくなっていたのかもしれない。

 

 

 

世の中には、

 

困っていても手を挙げられない人がいます。

 

あなたの周りにも、そんな人がいるかもしれません。

 

気付いてあげられる人になりたいですよね。

 

そして、救いの手を差し伸べてあげられる人になりたいですよね。