川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

子供に幸せになってもらうために必要なこと。

 

   親であれば、誰しもが願う子供の幸せ。

 

当然、このブログを読んでいるあなたも、

 

その想いは同じはず。

 

先日、僕は、妻から、こんな質問を受けた。

 

『子供に幸せになってもらうためには、

 

まず、どうしたらいいと思う?』

 

その答えは・・・

 

このブログの最後に書きます。

 

そこまで、考えていて下さいね。

 

妻も、教育や子育てに関する本は、

 

よく読んでいる。

 

先日は、フィンランドの教育や生活についての本を読んでいたみたいだし、

 

先程の質問は、ある臨床医の方の話だそうです。

 

答えは、一旦おいときますね。

 

さて、午前中は、子供に絵本の読み聞かせをしました。

 

『ぼくにもそのあいをください』

 

この本は、何度か読んで内容を知っているのですが、途中から、僕が泣いて読めなくなりました。

 

側にいた妻からは、

 

「え?泣いているの?」

 

と聞かれるほど笑

 

4歳の双子からは、

 

「パパ、声が小さい」

 

と言われてしまいました。

 

だって、泣いて声が出せなかったんだもん笑

 

昼間、娘は、妻に連れられてプールへ。

 

僕は、双子を連れて、家の周りの散歩をしました。

 

すると近所のおじさんが声をかけてきてくれて、カブトムシをくれました。

 

f:id:akira5669:20190728015121j:image

 

その後、虫カゴや昆虫用のゼリーを買うために、

 

双子を連れて買い物へ。

 

また、夕飯の食材も一緒に買いました。

 

今日は、妻の代わりに僕が、夕飯を作りました(^-^)

 

僕ら夫婦に、喧嘩はありません。

 

僕は、妻を想い、

 

妻は、僕の事を想ってくれるからです。

 

僕は、妻を立て、

 

妻は、僕を立ててくれます。

 

意見のすれ違いがあっても、

 

相手の考えを認めているから、

 

それぞれの想いを伝えて、

 

譲りあいながら、前に進んでいます。  

 

 

僕は、いつも妻に感謝をしています。

 

食事の準備も、 掃除も、洗濯も、子育ても、

 

主婦にとっては、あたり前かもしれませんが、

 

その事に感謝しています。

 

特別な出来事だけに、感謝ではないのです。

 

あたり前の事に感謝する事が、

 

大切だと思っています。

 

僕は、毎日、感謝の想いを言葉で伝えています。

 

僕の夕飯作りの様子です。

 

f:id:akira5669:20190727185438j:image

 

酢飯ご飯を作り、

 

買ってきたネギトロやネギなどと一緒に海苔に乗せて、巻きます。

 

最後は、適当な大きさに包丁でカット。

 

f:id:akira5669:20190727185154j:image

 

自宅の庭で採れた、オクラやキュウリです。

 

オクラは、茹でて、

 

キュウリは、浅漬けやマヨネーズで食べます。

 

f:id:akira5669:20190727185200j:image

 

f:id:akira5669:20190727185217j:image

 

その他、買ってきたトマトやお惣菜などを組み合わせて夕飯にしました。

 

このブログを見て、

 

旦那さんに、

 

『齋藤先生の家は、こうだから、あなたも夕飯作って』

 

と押し付けてはいけません。

 

あなたが選んだ最高の旦那さんですから、

 

ありのままを受け入れて下さい。

 

僕は、頼まれたから夕飯を作ったのではありません。

 

自分が作りたいから作ったのです。

 

女性は、1ヶ月に1回、

 

ちょっと辛い時がありますよね。

 

いつも妻は、そんな時、貧血気味で、

 

顔が青白くなっています。

 

立っているのも辛いみたいです。

 

たまたま、今週がその時みたいですが、

 

辛い時こそ、人は、気持ちを分かって欲しいですよね。

 

写真は、最近、撮った家族の画像です。

 

f:id:akira5669:20190728015916j:image

 

f:id:akira5669:20190728015932j:image

 

先日、妻の実家の新潟へ出かけた時です。

 

f:id:akira5669:20190728020148j:image

 

f:id:akira5669:20190728020325j:image

 

娘は、スタバで読書!

 

f:id:akira5669:20190728020420j:image

 

f:id:akira5669:20190728020506j:image

 

さて、子供に幸せになってもらうための答えです。

 

それは、

 

 

『親が幸せになること』

 

だそうです。

 

子供は、親の背中を見ています。

  

親が不幸そうに生きて、

 

子供だけが幸せになれるとは思えません。

 

今、幸せじゃなくてもいいんです。

 

『幸せそうに生きる』んです。

 

先程の感謝と同じです。

 

特別な事に感謝ではありません。

 

あたり前の事に感謝なのです。

 

だから、

 

幸せな出来事だけに幸せを感じるのではなく、

 

あたり前の日常に、

 

幸せを感じられるのです。

 

お子さんの勉強や学力とは、

 

関係がないと思いましたか!?

 

僕は、調査をした事がありませんが、

 

たぶん夫婦仲と子供の学力の関係は、

 

比例になると思っています。

 

勿論、例外はありますが、

 

ほぼ、この関係は成り立つと思っています。

 

もう一度、伝えます。

 

『子供に幸せになって欲しければ、

 

まず、親が幸せになること』

 

今日は、こちらの動画をどうぞ↓

大学の進学率と高卒、大卒の生涯賃金について動画を撮りました↓

https://youtu.be/sH_84I3Rpno

 

フィンランドの教育についての動画の中にも、幸せについて語られている部分があります。

こちらの動画もどうぞ↓

https://youtu.be/qK20_-MDJYc