川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

狙われた奨学金!

  

   お子さんが大学生になって、奨学金としてお金を借りたとしましょう。

 

借りているのは、誰か!?

 

もちろん、お子さんです。

 

返済するのは、誰か!?

 

借りた本人のお子さんです。

 

でも、ここで1つ問題がある。

 

その奨学金を大学の授業料として支払う場合、殆ど、親だと思うんだよね。

 

言い換えると、親が、

 

その奨学金の口座を管理しているケースがある多々あるって事。

 

すると、どうなるか。

 

親が、その口座のお金を使い込んでしまうケースがある。

 

実際に、うちの塾の卒塾生から、

 

そのような話を聞いたことがある。

 

ネットで検索すれば、そのような記事はごまんとある。

 

その子の場合は、奨学金として借りていたお金で、授業料などの学費を親が払っていると思っていたら、払われていなかったそうだ。

 

大学側から呼び出しがかかり、

 

その子は、そこで初めて、授業料が支払われていない事実を知ったそうだ。

 

父親に問い詰めたそうだが、

 

会社の経営の方にお金を使ってしまったらしい。

 

この話の続きは、プライベートでディープな部分も含まれるので、これぐらいにしておきます。

 

最終的に、なんとか、その子は卒業できましたが、奨学金のいう名の借金は、300万円ほどあるそうです。

 

完済するのは、30歳を過ぎてからでしょうか。

 

あなたの奨学金は、

 

大丈夫ですか?

 

もしかすると、

 

家族に狙われているかもしれません!