川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

夏を制する者は、受験を制す!

  

  松江塾の中3の夏期講習は、約300時間。

 

毎日、ノート3ページの課題も待っている。

 

そして、ほぼ毎日、午前10時から午後10時までの学習。

 

部活や学校見学などを除き、

 

遅刻は帰宅させる!

 

また、宿題忘れも帰宅である。

 

中3の夏期講習は、厳しい!

 

夏休みは、生活が乱れやすいので、

 

そんな時こそ、規則正しい生活を重視し、

 

毎日、学校がある時と同じ生活リズムを送ってもらうのだ。

 

中3だけではない、

 

中1、中2も、

 

この夏で、100時間近く勉強する。

 

2学期の先取りをメインに、

 

1学期の復習もしていく。

 

夏の成果が出るのは、

 

9月や10月と先にはなるが、

 

芽を出し、成長していくために、

 

じっと堪える期間でもある。

 

『夏を制する者は、受験を制す!』

 

偏差値10アップも夢ではない。

 

高校の志望校のランクが2段階上がる子も、

 

珍しくはない。

 

但し、並大抵の勉強量では、難しい。

 

実際に、僕も、中学生の時には、

 

地元の塾に通って、夏期講習を受けて、

 

勉強していたが、

 

9月の北辰テストで偏差値が上がった記憶はない(笑)

 

決して、遊んでいたわけではないが、

 

たぶん、他の塾の子達と同じぐらいの勉強量だったんだと思う。

 

中3の夏期講習といっても、殆どの塾は、100時間〜150時間ぐらいなんじゃない!?

 

他と同じでは、なかなか成果は出ないよ。

 

本当、この仕事を何年もやっていて、そう思う。

 

あなたのお子さんが通う塾では、

 

何時間勉強しますか!?

 

あ、そうそう、

 

夏期講習の中3の課題のノート1日3ページ。

 

中学で学年1位を何度も出し、

 

浦和高校に進学し、

 

そこでも文系1位を取り、

 

現役で東大文一に合格したY君は、

 

人の2倍の6ページやっていたからね。

 

伸びない子にも理由はあるが、

 

伸びる子にも、しっかりと理由がある!