川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

最も範囲が広い定期テスト!?

 

   僕が20年近く指導してきた中で、

 

今回、最も広いテスト範囲の中学がある。

 

学年は、中1で、教科は理科である。

 

中1の理科の範囲が狭いから、

 

小学生の範囲からも出題するらしい。

 

過去、中1の数学の中間テストで、

 

同様な事があったのを記憶している。

 

その時は、10点とか20点分ぐらいだったようだけど、

 

今回は、テストの半分ぐらいが、その範囲になるようなのだ。

 

塾の保護者の方からのメールで、

 

過去に、小学生のどのような問題が出題されたのか質問を受けたけど、

 

僕の中で記憶になかった。

 

確認のため、同じ中学の中2や中3、

 

そして、他の中学の子達にも聞いたけど、

 

理科で、小学生の内容を出題した先生はいなかった。

 

生徒に、直接、学校の理科の先生に聞くようにアドバイスしたところ、

 

「小1から小6までの全範囲」

 

と言われたそうだ。

 

実力テストなら分かるけど、

 

定期テストで、これは止めてもらいたい。

 

新中1は、

 

女子が多く、本当に真面目な子達だ。

 

初めての定期テストで、

 

燃えている。

 

今回のような、やる気を削ぐような広範囲のテストは、どうかと思う。

 

小1から小6の理科の範囲だとしても、

 

プリント等で出題内容が提示されているならいいんだけどね。

 

今後、保護者からクレームが出てもおかしくないと思う。

 

だって、公立高校の入試には、

 

中1の内申から影響するんだから。