川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

このままでは、家計が破綻する!?大学の学費等について!

 

   昨日は、大学の学費等について書きました。

 

保護者の方は、準備万端ですか?

 

はっきり言って、

 

僕は、不安です笑

 

なんせ、下の子は、双子ですから、

 

大学生になったら、2倍かかります。

 

齋藤先生、

 

結局のところ、いくら必要なんですか?

 

そう聞かれたら、

 

初年度は、私立文系でも、200万円以上で、

 

私立理系なら、250万円は見込んでおきたいですね。(自宅通学)

 

授業料や入学金の学費に加えて、

 

交通費、昼食代、教科書代、スマホ代、

 

お小遣い、車の免許費用、合宿費用等の合計です。

 

詳細は、昨日の記事をご覧下さい。

 

え?

 

そんなに必要?

 

そう思われた方。

 

ある程度、抑える事はできますが、

 

それぐらいの費用は見込んでおきましょう。

 

そして、これは、

 

今の物価で考えています。

 

しかし、今の物価と5年後、

 

10年後の物価が

 

同じだと思いますか?

 

消費税の増税が予定されています。

 

自販機の缶ジュースは、20年で、

 

100円から130円に増えました。

 

たった、30円と思った、そこのあなた!

 

これがもし、学費なら、

 

100万円が、130万円!

 

200万円なら、260万円になる話です!!

 

この差額分は、誰が負担しますか?

 

当然の事ながら、今の銀行の金利では、

 

カバーできませんよね。

 

 

子供に、アルバイトをしてもらって、

 

自分のお小遣いや車の免許費用、サークルなどの合宿費用は負担してもらう予定ですか?

 

想像して下さい。

 

4月の入学式。

 

部活やサークルなどの新歓。

 

履修登録が確定してから、

 

アルバイトを探すとなると5月頃から面接でしょうか。

 

本格的にアルバイトに入るのは、

 

5月のゴールデンウィーク以降かもしれませんね。

 

6月になれば、前期のテストの足音が聞こえてきます。

 

7月は、レポートや試験に追われて、

 

アルバイトに入れる日も少ないでしょう。

 

お子さんに、アルバイトを頑張ってもらって、

 

一部の費用を負担してもらおうと思っても、

 

難しい場合もあるでしょう。

 

サークルや部活に入っている場合、

 

殆どアルバイトに入れないまま、

 

1学期が過ぎていく事も考えられます。

 

8月頃には、サークルや部活の合宿の費用が待っています。

 

最低、4、5万円は、見込んでおきたいですね。

 

大学生になると出費が増えます。

 

それは、子供自身にとってもそうですね。

 

オシャレにも気を遣うでしょう。

 

髪を染め、お化粧をして、

 

ブランドの服に身を包む子もいるでしょう。

 

高校生のように、

 

毎日制服ではないですからね。

 

これらお金の事は、

 

避けては通れない事ですので、

 

近々、動画に撮って、YouTubeにアップする予定です。

 

保護者会に参加できなかった方は、

 

是非、ご覧下さい。

 

子供も日々学びですが、

 

大人も学びが必要です。

 

親として、

 

サポートできる事には、

 

当然の事ながら限界はありますが、

 

できる限りの事はしてあげたいですよね。

 

保護者会でも、簡単にお伝えしましたが、

 

明日は、大学の奨学金制度について書いていきます。

 

ブログでは、さらに掘り下げていきます!!

 

実は、毎月10万円借りても、10万円振り込まれない?

 

奨学金制度の裏側をこのブログでお見せします!!