川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

川女に入学させるためにしている事。その3。

僕の考えは、こうだ。

 

『1つの教材や学習施設では、完璧にはならない』

 

ということ。

 

何を以って完璧かにもよるけどね。

 

塾の講師が、このような発言をすると、

 

反感を食らいそうだよね。

 

でも、その前に、最後まで読んでね。

 

例えば、チャレンジやZ会や公文でも、

 

何でもいいけど、

 

それらのターゲットゾーンを知ってる?

 

偏差値30から70までの子が、

 

同じ教材で、勉強が可能だと思う?

 

考えれば、無理だと分かるよね。

 

偏差値70の子は、よりハイレベルな問題を解いた方が良いだろうし、偏差値30の子には、

難し過ぎる可能性もある。

 

だから、チャレンジの場合、偏差値40ぐらいから60前半ぐらいまでが、ターゲットゾーンじゃないかな!?

 

ただし、チャレンジの批判じゃないからね。

 

まだ最後まで読んでね。

 

僕らの時とは違い、チャレンジもそれを分かっていて、オプションで、応用問題も取り扱うようになったよね。

 

だから、偏差値60ぐらいある子を伸ばすには、

 

オプションも必要だよね。

 

僕は、それを知っているし、

 

わざわざオプションまで取らなくても、

 

娘の勉強を見ていれば、何が必要かも分かる。

 

これだけ、毎日、生徒達を見てきたのだから、

 

逆に分からないとなったら、その方が不思議だ笑

 

学校の標準レベルをクリアーするなら、

 

チャレンジだけでも十分だろうね。

 

娘の場合、学校の標準レベルをクリアーするのが『目的』ではないので、ハイレベルな力が必要になってくる。

 

昨年は、全国統一小学生テストを受けさせ、今年は、日能研の学力テストも受けさせる。

 

前回、全国統一小学生テストで、試験時間が30分のところ、15分で終了させられた苦い記憶があるが、そんな事はどうでもいい笑

 

誰にでもミスはあるからね。

 

ちょっと、正しい実力が知らなかったのは残念だけど、残りの15分で応用問題をパーフェクトに解けたなんて事はないだろうから、大体のレベルは分かっている。

 

今は、娘のレベルアップに携われるのが、

 

楽しい(^-^)

 

中学受験はしないので、

 

偏差値がいくつだろうと、あまり気にしていない。

 

ただ、学校では知ることが難しい、

 

本当の実力はどうなのか。

 

そこを知る機会として、利用している。

 

現在、小2の娘は、

 

チャレンジ+松江塾のプレスクール(漢字、読解、計算、図形)+市販の教材で学習している。

 

平日は、小1の時の約2倍の量を勉強させているので、チャレンジは10日ほどで終わる。

 

これで、学校の内容は、ほぼ大丈夫。

 

あ、

 

親が丸付けして、

 

間違った問題に対して、

 

一緒に考えないと、

 

大丈夫な状態にはなりませんよ笑

 

また、塾でも、ある程度先取りしているので、

 

学校の内容の心配はしていない。

 

1ヶ月のうちの残りの20日間で、ハイレベルな内容の文章題や読解問題を進めている。

 

だから、チャレンジだけとか、

 

塾だけとか、

 

市販の教材だけで完璧にしようとしていない。

 

正直、ここまで書いたけど、

 

ここまでやらなくても川女に行ける子はいる。

 

例えば、小学生の間は、チャレンジだけで、

 

読書好きならね。

 

読解力がある子なら、

 

中1から塾に通えば、間に合う子もいるよ。

 

でも、その逆で、

 

学年1位を連続6回取った強者は、

 

小学生の低学年から親が関わって、

 

読解問題のドリルを解かせたり、小学生の間から塾に通わせていたからね。

 

目的が違えば、ゴールも違います。

 

親であるあなたは、お子さんに対しての目標が、ありますか?

 

具体的に答えられますか?

 

子供の人生だから、

 

親の願い通りにはなるとは限りません。

 

それで、いいんです。

 

でも、親である、あなたの目標がなければ、

 

子供も、彷徨い続けます。

 

今日は、こちらの動画をどうぞ↓

 

学年1位の勉強の様子を少しだけ公開しています↓

 

https://youtu.be/hBb_OFTPP3c