川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

川高行くのって、そんな難しい!?

 

 僕は、毎日、ブログを書いて発信している。


中学や高校の同級生も読んでくれているんだ。


そんな中、

先日、

高校の同級生から、


「川高、川女を目指して、自分の子供達に勉強させているみたいだけど、川高行くのって、そんな難しい!?」

と聞かれたんだ。


これを読んでいる方の中には、


『いや、何言ってるのよ。難しいに決まってるじゃない!』

と思う方もいれば、

『そんなに難しい事ではないわよ』

と思っている方もいると思う。

まず、

僕の友人の同級生の説明が必要でしょうから書いておきます。

その友人は、

中学の時に、親の仕事の都合で、

関西に引っ越して住んでいた。

中学の時には、塾に通っていて、

その塾からは、

灘高校に進学する生徒もいたらしい。

とにかく厳しい塾だったらしい。

友人曰く、

『塾の勉強をしていれば、

川高ぐらいの偏差値の高校なら、

受かるでしょ!?』

といった感覚なのだ。

勿論、彼は、引っ越す前の小学生の時にも、

ソロバンや塾に通っていた。



川高の偏差値は、

20年前も、30年前も、

ほぼ偏差値は変わらず、

60後半(68ぐらい)。

僕らが進学した、

松山高校の理数科も、

当時は、偏差値68だった。

だから、その友人の発言は、

今(幼稚園ぐらい)から勉強していれば、

余裕でしょ!?

といった感覚なのだ。

そう。

彼の伝えたい事は、わかります。

はっきり言って、

3、4歳ぐらいから勉強を積み重ねていけば、

川高、川女に受かる事なんて難しくないんです。


それを小学生の高学年からとか、

中学生からとかになって、

本格的に勉強を始めて、

川高、川女を意識するから難しいものになるんです。


保護者の方で、

お子さんに、

今まで、あまり勉強させて来なかった。

でも、上位校に受からせたい。

そう思っている方がいたら、

それなりの覚悟が必要です。

お子さんも、

保護者の方も、

人一倍努力が必要です。

当たり前ですが、

そこを勘違いしないで頂きたい。

産まれた瞬間から勉強のスタートを切っている子達と受験で勝負するんですから、当然ですよね。



今日の結論。


川高、川女に合格するのは難しくありません。

ただし、幼少期から勉強していた子にとってはね。