川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

良い先生!?悪い先生!?


僕は、各中学のテスト範囲が配られたら、

生徒から集めてコピーをして、軽く目を通す。



下の画像は、とある中学の数学のテスト範囲表の一部です。

ま、

ま、

全く同じ問題・・・。

個人的には、全く同じではなく、

数字ぐらいは変えて欲しいのだが。


さて、このテストを作る先生は、良い先生でしょうか!?

悪い先生でしょうか!?

僕は、どちらとも言えると思っている。

各学校には、様々な先生がいる。

100点を取らせないために、

平均点を40点台前半まで下げるような問題を作る先生がいる。

解き終わらないような、

大量の問題を出す先生もいる。

入試問題から引っ張り出してくる先生もいる。

逆に、平均点が80点を超える簡単なテストを作る先生もいる。

そして、今回のような試験範囲を出す先生もいる。

世の中、いろんな人間がいて、

そして、様々な環境があるように、

定期テストの難易度も様々だ。

今回のケースでは、

数学が苦手な生徒からすれば、

試験範囲を勉強すれば点が取れる、

良い先生と映るだろう。

しかし、得意な子からすれば、

点の差が付かないので、

悪い先生と映るかもしれない。

僕は、思う。

先生によって、作る問題が変わっても、

学校のワークや塾のワークを解いて、

丸付け、直しをして、分からなければ、

学校の先生や塾の先生に聞く。

そして、1人の力でも解けるように繰り返す。

生徒達には、そうやって、

真の学力を付けて欲しいと願っている。

そうやって、自学力を鍛えた子は、

どんな先生が作る問題でも結果を出してくる!

中学生で在籍している11人の学年1位経験者が、

それを証明してくれている!!