川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

中国の13億人による成長スピード!

 昨年末の卒塾生達との飲み会では、

たくさんの刺激を受けた。

コンサルタントとして働いている子は、

研修として、昨年、中国の深圳に行ってきたそうだ。


深圳は、経済特区として、

急速に発展した都市。

その子の話では、

ハイテク化が進み、

道路や建物のいたるところに、

監視カメラが付いているそうだ。

今では、

ただ監視するだけでなく、

AIによって、顔認証システムとしても利用されているようなのだ。

年齢、性別、人種なども、

顔からの情報でAIにより判断されるらしい。

また、個人情報がネット上でデータ化され、

そのデータで、個人の信用度が決まるらしいのだ。

例えば、

学歴や収入、住んでいる地域など、

様々な情報を入力すると、

それが、その人の信用スコアとなって、

評価されるらしいのだ。


深圳のハイテク化は、

日本と比較にならないようだ。

勿論、中国全体で見れば、

農村部など、

ハイテク化とはほど遠い地域もあるだろう。

でも、それは、日本も同じだと思う。

また、中国は、近年、

日本の高速道路(約9000キロ)の距離と同じ
ぐらいの距離の高速道路を『毎年』作っているらしい。

これは、日本で約50年かけて作った高速道路を1年で作り上げているという事なんだ。

その分、道路の質は悪いのかもしれない。

でも、そのスピードに驚かされる。


中国は、13億人もいる。

日本の10倍の人達が、

世界に追いつけ、追い越せで、

成長を続けてきた。

近い未来、

中国が世界をリードするでしょう。

そして、多くの日本人が、

中国に出稼ぎに出る。

そんな時代が訪れても、

不思議ではありません。

世界を見て、

何を思うか。

どんな未来を想像するか。

そして、どんな行動を取るか。

とても大切な事だと思う。

まあ、これは、

僕が中国に行った話ではないんだけどね笑

でも、その子の話から、

僕は衝撃を受けたんだ。


確実に、日本と世界の距離は縮まっています。

親は、子供達に、日本だけでなく、

『世界の現状』を伝えていきましょう。