川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

うちの親は、◯◯てくれない。

 
 
 僕の知らないところで、

僕の事を褒めてくれた方がいて、

ある講師の方が、

その事を僕に伝えてくれました。


講師の方は知り合いですが、

褒めて頂いた方は、

僕の直接の知り合いではありませんので、

ここには書けません。

たぶん、

ブログか何かで、

一方的に僕の事を知って頂いている感じです。


嬉しいな〜♫


これこそ、

陰褒めですね。


僕は、


自分自身を承認欲求の塊だと思っている。



僕は、中学生の時に、

『親や学校の先生に褒められがっていた』



母親は、昔、僕が発した、

『うちの親は、褒めてくれない』

と言った事を覚えているようです。



今だと、

YouTubeに動画をアップして、

高評価を貰えると嬉しいし、

ブログを書いて、スターが貰えると嬉しい。

インスタやTwitterTikTokFacebookでも同じ。


以前、


僕は、保護者会で、

こんな事を話をした事があった。


もし、SNSにイイネのボタンが無くて、

誰が見ているか、

誰と繋がっているか分からなければ、

ここまで広まっていないだろうと伝えたんだ。


芸能人なら、

広告収入などがあるだろうから続けられると思うけど、

一般人は、承認が無ければ、

まず続かないと思う。


一般人がSNSで継続できるのは、

『人との繋がり』と『承認のボタン』があるからだ!

誰かに見てもらえて、

イイネ👍されるだけで、

嬉しいんだ。

僕が、

ブログやYouTubeを継続できているのは、

見てくれる人がいて、

認めてもらえたから。



子供達も、きっとそう。

『見て欲しい』

『認めて欲しい』

そう思っているはずだ。


これを書きながら、

僕自身、

自分の子供を見てあげられているか。

認めてあげられているか。

自分の心に尋ねています。