川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

褒めるポイントは、無数にある!

   

 

  クラスの全員の前で1人の子の結果を褒める。

 

1対1で結果を褒める。

 

クラスの全員の前で、その子の努力を褒める。

 

1対1で努力を褒める。

  

クラス全員の前で、その子の影の努力を褒める。

 

1対1でその子の影の努力を褒める。

 

そう、そして、

 

大勢の人が見る、

 

このブログで褒める。

 

褒め方も、様々。

 

先日の中3の保護者会でもお伝えしましたし、

 

今週、来週の保護者会でも、

 

お伝えしていきますが、

 

本当に、褒め方もいろいろあります。

 

さて、

 

実は、今年、松江塾は、過去最高の結果を出し続けている!

 

松江塾には、

 

一中、初雁中、富士見中の3つの中学から通う生徒が多い。

 

実は、現在の中1からも中2からも中3からも、

 

この3つの中学での学年1位が出ている。

 

全て、同時にではないが、

 

この結果は凄くないか!?

 

そして、

 

今回の期末テストでも、

 

学年1位が何人も出た。

 

497点で2連覇の子もいれば、

 

前回の悔しさをバネにして、

 

1位になった子もいる。

 

僕が、今日、ここで1番書きたいのは、

 

富士見中の1年で1位になった子。

 

実は、この子、

 

中間テストで470点を取りながら、

 

大きく肩を落としていた。

 

僕は、全教科の点数を聞く前だったので、

 

テストの点を聞きながら、

 

褒めまくっていた。

 

しかし、その子は、

 

1つの教科で、大きく点を落とし、

 

その事にショックだったのだ。

 

中間テスト後、その子は、

 

塾に自習に来ていた。

 

1人、黙々と問題と向き合っていた。

 

僕が、今回のテスト前、

 

生徒達にした事とすれば、

 

1人ひとりと話をした事だ。

 

前回のテストの結果を振り返り、

 

反省点や改善点を確認していった。

 

本当、

 

上位の子達は、

 

1点、2点落としただけでも、悔しがっている。

 

1問のミスでも、落ち込んでいる。

 

心からライバルに勝ちたいと強く思っている。

 

その想いが、圧倒的に違うんだよね。

 

1人ひとりと話をしていて、

 

本当にそれを感じる。

 

上辺だけの

 

「良い結果を取りたいです」

 

なんて言葉じゃない。

 

言わなくても、話を聞いていれば、

 

それを感じる。

 

喉の奥から、最高の結果を求めているんだよね。

 

昨日は、その富士見中で1位の子をみんなで拍手とイイネ👍をした。

 

そして、その子の影の努力についても話をした。

 

結果も、

 

行動も、

 

褒めるポイントは無数にある。

 

親も含めて、僕らは、それらを見過ごさないようにしないとね☆