川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

川越東から◯◯大学!

 昨夜、午後11時半過ぎ。


小腹が空いて、


塾から近所のスーパーまで歩いて行った。


その時、


「齋藤先生ですか?」


と、声をかけられた。



20年以上指導していると、


卒塾生は何百人といる。


今まで、何回も、


何十回もこの流れを経験してきた。


今度は、誰かなと思って振り返ると、


川越東に進学したH君だった。


「覚えてますか?」

と聞かれたが、

当然、覚えている。


H君は、高校生になってから野球が忙しくて、


塾には殆ど顔を出さなくなってしまった。




H君は、年齢的に大学生。




H君に、大学名を聞くと、












慶應


と返事がきた。


彼の中学生時代を知る子なら、


分かると思う。


偏差値的に、


慶應に受かるようには思えない。





実は、川越東の受験でも、


基準の数字には届かない状態での受験だった。




でも、そこから合格をもぎ取った!




川越東に合格させた松江塾が凄いのか!?





川越東の先生達が凄いのか!?





H君の頑張りが凄いのか!?





勿論、それはH君の頑張りだろうね!




いや〜!




慶應とは、



本当に驚いた!



スポーツの世界で、


トップ層に上り詰めるのは難しい。


勉強の世界では、


簡単ではないが、


トップ層に上り詰める事が可能なんだ。




小学校で伸びるとは限らない。




中学校で伸びるとは限らない。





高校で伸びるとは限らない。


 

浪人してから伸びる子もいる。




だから、可能性を信じて、


諦めずに続ける事なんだよね。


それは、


親も、


本人もね。



H君が、中学生のあの時、




『松江塾ってダメね。


うちの子、偏差値的に川越東にも届かないわ』


仮に、親がそう思って、

途中で塾を辞めさていたら、

今の彼はいなかったかもね。


また、


本人が途中で投げ出していたら、


今の慶應は無かったかもね。






咲かない花は無い。


そう思って、


毎日、水を与える覚悟はできていますか!?


親も忍耐です!