川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

埼玉県の公立高校ボーダー予想(学力検査編)

 
 埼玉県の公立高校のボーダー予想です。

今年は、学力検査問題を採用する高校では、

ボーダーの点数が上がるはずです。

昨年と比較して、

『10点から20点』は、

上がると思っていて下さい。

ただし、倍率が、1.1倍を切る高校は、

ボーダーが上がるとは限りません。

え?

こんなに低くても受かるの!?

倍率次第では、そんな事もあり得ます。



坂戸 325点から340点 

松山 320点から335点

朝霞 295点から310点

朝霞西 255点から270点

松女 295点から310点

市立川越 295点から310点

これらのボーダー予想は、

内申が取れている子達を想定しています。


学校選択より、

ボーダーの幅を広く設定したのは、

予想が難しかったからです。



エイメイ学院の先生方にも、

データの協力を頂きました。

ありがとうございます🙇‍♂️


ただ、それでも予想の難易度は、

例年以上でした。

その理由の1つは、

坂戸高校を受験している生徒達で、

350点を大幅に超える高得点の子が、

何人もいたからです。


上記のボーダー予想は、

生徒の自己採点や今年の倍率、

過去のデータ等も、

考慮しています。

純粋な偏差値だけでの予想ではありません。

このブログを読んでいる方のために、

何時間もかけて予想しました。


朝霞西高校に関しては、

倍率が1.07倍で、320人の募集のところ、

志願者が340人ですので、

予想ボーダーより、

大きく下回る可能性もあります。

というより、

予想ボーダーの点より、

10点、20点下回っても、

内申が高ければ、

合格の可能性もあります。


1つの参考にして下さい。


そして、保護者の方は、


上記のボーダーの下限より、


30点以上も下回る場合は、


私立高校の入学手続き等の準備をしておいて下さい。


次に向けてのスタートを切りましょう!


今日も、


塾には、


次に向けてのスタートを切っている子がいます。



私立単願の子も、


公立を受験した子もいます!