川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

このタイミングで点を落とした子を救いたい!


 定期テストで上位10%以内に入るには、


5教科のうち、1教科も落せない。


そう、


1つの教科でも、


90点未満を取ると上位は厳しいのだ。



料理で例えるなら、


フランス料理も、

中華料理も、

トルコ料理も、

和食も、

イタリアンも、

全て完璧に作れる子が、

上位10%に入れるイメージかな。


今回、


1つの教科で点を落とした子がいる。


僕は、


このタイミングで点を落とす理由が分かっていたが、


この目で確かめるため、


問題用紙と解答用紙を持ってきてもらった。


問題用紙を見ながら、


その子の話を聞いてみると、


やはり予想通りだった。


ふむふむ。


なるほどね。


同じような子は、


他にもいたはず。


1学期の最初の定期テストで点数を落とす子の中には、


『教科の先生が変わった』事が原因の子もいる。


先生が変わると、


何が変わるのか!?


授業のスピード。


教え方。


そして、テストの問題形式。


テストの問題量。


テストの難易度など。


あらゆるものが変わる。


正しい勉強をしていても、


90点以上が取れない事はある。


だから、


その先生に合わせた勉強が必要なんだよね。


勿論、ワークの反復は、基本!

だけど、それだけで点が取れないなら、

微調整が必要なんだ。


今回のテストは、

プリントやノートからの出題があったのか。

ワークからの出題があったのか。

実験からの出題があったのか。

どこで点を落としたのか。

時間は、足りたのか。

振り返りながら、

改善点を見つけていく必要がある。

改善点が分からなければ、

僕ら、プロに聞いてくれ!

そしたら、1発だ!


多くの場合、


点を落としたところを見れば、


自ずと改善点が見えてくる。


同じ失敗を繰り返さない事が、


次への結果に繋がる。


塾生も、

塾生以外も、

参考にしてね!