川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

ガイヤの夜明け。工藤校長先生。

 

 録画してあった、ガイアの夜明けを見た。


僕が見たのは、

昨年放送された、

麹町中学校の工藤校長先生についての回です。


以前から、

『宿題なし』や『定期テストなし』で、

話題となっていた事などは知っていた。

定期テストはなしでも、

単元テストがあり、

しかも、再テストが可能なのです。

それを見ていて、

松江塾のペナテストに似ているなと思っていました笑

変革が難しい公立中学で、

大改革を起こした事は、

革命的です。

当然、反発も大きかったと思います。

工藤校長先生は、

『学校は、社会の縮図でなければならない』

とインタビューで仰っていました。


私も、そう思います。

今の学校と社会では、

乖離している部分が多いと思います。


また、

工藤校長先生は、

教育を通して、

『自律した生徒を育てる』

事を目指しているそうです。

一言に『自律』と言っても難しいですが、

生徒にスケジュールを書かせたり、

体育祭の競技を決めさせたり、

自分で考えて行動させる仕組みを作っていました。


『自律』の意味では、

松江塾の『自学』も同じだね。


何の勉強をしたらいいのか。

どうやって勉強したらいいのか。

自分で考え、

試行錯誤しながら、

学んでいく。

勿論、僕らもアドバイスはするが、

その試行錯誤が大切なんだ。

社会に出て、失敗しない人はいない。

だからこそ、勉強を通して、

『試行錯誤』の練習をして欲しい。


正解のない世界を生き抜くために、

この『試行錯誤』の経験は、

大事なんじゃないかな!?

教える事だけが、教育じゃないよね。