川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

川高、川女の◯◯の違いについて。

先日、小6の子達にした話を小5の子達にも話した。

そう、川高と川女のある違いね。

偏差値は、

川高の方が川女より1ぐらい高い。

これは、高校の偏差値を調べれば、

直ぐに出てくる。

だから知っている人も多いと思う。

でも、内申はそうじゃないんだ。

偏差値が川高の方が高いなら、

合格者の内申の平均も、

川高の方が高くてもいいよね。

でも、実際には、川女の合格者の平均の方が1ぐらい高い。

例えば、川高の合格者の内申の平均が40から41ぐらいなら、

川女の合格者の平均は41から42ぐらい。

なぜか、分かる?

男子の方が幼いんです。

精神年齢が。

女子に比べて、落ち着きが無かったり、

ノートの字が汚かったり、

提出物が出せなかったりね。

そこを意識するなら、

やはり、小学生のうちからある程度、

できる必要がある。

だから、

『勉強してテストで点が取れる』

のと並行して、

『発言や行動にも気を配れる』

必要がある。

本当、これ重要だからね!

今の中3の子達は、

この重要性を感じているよね!?

中学生になって、

急にできるものではないから、

保護者のみなさーん、

小学生のうちから、

家での声がけも大切ですよ!!