川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

うちの子には、厳しくお願いします!

 

  入塾の段階で、

 

「うちの子には、厳しくお願いします」

 

と、保護者の方からお願いされるケースがある。

 

塾の先生なら、

 

何十回、何百回と聞いた言葉だと思う。

 

過去、思い返すと、

 

これには、2つのパターンがあるような気がする。

 

1つは、子供が目の前にいる時に、

 

「うちの子には、厳しくお願いします」

 

と言われるケース。

 

これは、大抵、家でも親の方で、

 

厳しく育てている。

 

塾に来ても、子供は素直で、

 

厳しく指導する必要はない。

 

その言葉を発する親の方は、

 

笑顔で、そう言っている。

 

子供の前で堂々と言えるのは、

 

それだけ、『親力』が強いって事でしょ!

 

なんなら、子供がイヤイヤ言おうが、

 

親の強制力で引っ張って、

 

無理やり塾に連れてきたって事もあるかもね。

 

たぶん、その子によって違えど、

 

5年後、10年後に、親は感謝されるよ。

 

『あの時、塾に入れてくれてありがとう』

 

って。

 

 

もう一つのケースは、

 

子供が目の前にいないところで、

 

「うちの子には、厳しくお願いします」

 

と言われるケース。

 

これは、要注意だね。

 

親の方で、子供のコントロールが出来なくなり、

 

お手上げ状態の可能性がある。

 

勉強も完全に塾任せ。

 

親も、塾にいれた事で安心しきって、

 

塾の小テストなどにも、

 

無関心になってしまっている事がある。

 

僕らは、

 

子供達に比べて、

 

親と接する機会は少ない。

 

だけど、その一瞬からも、

 

見えてくる世界がある。

 

ちなみに、

 

僕より、

 

人を見極めるセンスが抜群に高い真島先生は、

 

ある事に、気付いていた!

 

 

それは、

 

 

親より、

 

 

祖母が、

 

子供の勉強に強く関わっているケース。

 

実は、このケースは、あまり成績が良くない。

 

松江塾の過去のデータからは、そうなっている。

 

なぜか、分かりますか?

 

自分の子供じゃないから、甘くなりがちなんだよね。

 

そして、子供のパワーって、成長と共に、

 

増していくでしょ!?

 

それに、ついていくだけの体力がないよね。

 

勿論、例外はいくらでもあるから、

 

祖母が強く関わっていても、

 

川女に進学したような子はいる。

 

やはり、その家庭も、

 

祖母の強制力が凄かったね。

 

厳しく育てられていたのが、

 

子供を通して分かった。

 

最近は、共働きの家庭が増え、

 

子供の勉強は、

 

祖父母に任せてしまう事もあるかもしれないけど、

 

親の関わりは大切なんだよね。

 

最後に、

 

先日、

 

あるご家庭の保護者の方と面談をしました。

 

その方は、最近、仕事を辞めたそうです。

 

それまでは、子供の勉強や塾の送迎を祖父母にお願いしていたそうです。

 

仕事を辞めた後、子供の成績はどうなったのか。

 

急上昇した!

 

親が、子供の勉強に関わる時間が増えたからですね。

 

基本は、

 

仕事が忙しくても、

 

子供の勉強面での関わりに手を抜かない!

 

学力向上の近道は、

 

そんなところにもあるんです!

 

f:id:akira5669:20190810105912j:image