川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

人生の疑似体験!

  

  読書。

 

それは、

 

人生の疑似体験だと思う。

 

一度きりの人生。

 

本を読む事で、

 

物語の登場人物や著者の人生をなぞる事ができる。

 

また同様に、他人の人生のエピソードを耳にする事も、人生の疑似体験だと思う。

 

昨日も、中3の授業では、

 

生徒の先輩達の話をした。

 

偏差値50台から、

 

偏差値を10以上上げて、

 

川越高校に合格した子の話。

 

また、偏差値65を一度も超えることなく、

 

川越高校に合格した子の話。

 

そして、塾のクッションをビショビショに濡らした大学受験生の話。

 

今から、10年以上前、

 

ある大学受験生は、

 

席を立つ時間も無駄だと考えていた。

 

その子は、極力無駄を省くようにしたため、

 

食事の休憩以外、トイレに行かないと決めていたようだ。

 

夏の間、2時間も3時間も座り続けての勉強。

 

その子は、休憩する時に気が付いた。

 

お尻の下のクッションが、

 

ビショビショに濡れていることを。

 

 

おしっこを漏らしてしまったのか!?

 

 

そう思ったらしいが、

 

違ったようだ。

 

何時間も同じ姿勢で座り続けた事による、

 

ケツからの汗、

 

そう、

 

『ケツ汗』だったらしい!

 

その子は、大学受験を終えた後、

 

笑いながら、その話を僕にしてくれた。

 

その子の話は、

 

長時間、椅子に座り続けて頑張ったことを

 

僕らに伝えてくれるエピソードだ。

 

さらには、予定していなかった、

 

我慢に我慢を重ねて、学年1位を取った子の話もした。

 

学年1位になるような子は、

 

忍耐力があり、我慢強い。

 

ただ、その子のエピソードは、

 

超絶なため、

 

中3の子達だけの秘密です。

 

話の中の子も、

 

話を聞く子も、

 

どちらも受験生。

 

だからこそ、

 

他人の人生を

 

自分の人生のようになぞる

 

疑似体験になったと思う。

 

辛かった時期、苦しかった時期、

 

そして、それを乗り越えた時の気持ち。

 

想像できたんじゃないかな!?

 

僕は、

 

授業で公式や解き方を教えるだけじゃなく、

 

授業の中で、大切な事を伝えていく。

 

人生の疑似体験は、

 

人生の幅を広げてくれる。

 

僕は、そう思う。