川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

慶応大学のあの子は、やっぱり・・・

  

   昨日は、星野から慶応大学に進学した子と

 

淑徳から上智大学に進学した子と

 

川越東から立教大学に進学した子の3人が、

 

塾のアルバイトに入ってくれていた。

 

慶応に進学した子に、

 

幼少期の事を聞いた。

 

その子は、

 

塾のブログや保護者会でも、

 

何度も伝えている子である。

 

小学校の低学年までに、2万冊の本を読んだあの子ね。(最初は、読み聞かせ)

 

小4ぐらいまでは、青森にいたそうだ。

 

近所の図書館の本はある程度、読み尽くし、

 

ある時から、

 

車で30分ほどかかる図書館まで、

 

毎週通ったそうだ。

 

家には、ゲーム機がなく、

 

テレビも殆ど見ていなかったそうだ。

 

見るとすれば、ニュースぐらいだったそうだ。

 

だから、バラエティ番組やドラマは見ないし、

 

ジャニーズなどのアーティストも殆ど知らなかったそうだ。

 

外遊びの時間も決められていて、

 

家でする事と言えば、

 

勉強か読書ぐらいだったのだそうだ。

 

先日、動画でコラボさせて頂いた、

 

東大法学部卒のコバショーさんも、

 

多くの本を読まれてきた方だ。

 

僕は、何度も言う!

 

読書は、国語力の原点。

 

そして、全ての教科に通じる力になるのです。

 

是非、保護者のみなさんは、

 

お子さんに本を読ませて下さい!

 

また、そのような環境を用意してあげて下さい。

 

昨日アップした、東大卒のコバショーさんとのコラボ動画↓

まだ、ご覧になられていない方は、どうぞ↓

やる気やモチベーションについて↓

https://youtu.be/KhWPnJ6xC44