川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

何が分からないのか、分からない!

 

   殆どの中学で、定期テストが終了し、

 

毎日のように保護者の方から、

 

テスト結果のメールが届く。

 

『少しでも早く、塾の先生に結果を知らせたい』

 

そのような想いを持った、生徒や保護者の方が、

 

メールを送ってくれているのだ。

 

やっぱり、結果が良いと嬉しいし、

 

知ってもらいたいよね。

 

昨日は、ある保護者の方から、

 

『国語と数学で、

 

自己ベストの点が出ました!

 

勉強のやり方やコツ、量を掴んできたようです』

 

と、メールを頂いたのだ。

 

入塾して、まだ1年経っていないけど、

 

その子は、常に順位を上げ続けている。

 

実は、僕は、定期テストの前から、

 

その子の変化に気付いていた。

 

テスト前の質問のレベルが上がってきていた。

 

応用問題を聞くようになってきたのだ。

 

但し、ここで勘違いして欲しくないのは、

 

ただ、応用問題を質問すればいいんじゃない。

 

その子なりに考えて、

 

解説も読んで、

 

それでも分からなくて、質問するイメージね。

 

時々、それらを吹っ飛ばして、

 

思考するのが面倒だから、

 

いきなり質問に来る子がいるけど、

 

そのような子に、丁寧に説明しても、

 

あまり伸びないね。

 

さて、その子に話を戻そう。

 

そう、明らかに、

 

今までとは、質問のレベルが違っていたのだ。

 

僕は、質問を受けた時、

 

一方的な説明で終わらせない。

 

例えば、問題を見て、

 

円の面積を求める計算が必要なら、

 

その子に聞く。

 

「円の面積を求める公式を覚えてる?」

 

と。

 

そこで、生徒が答えられなくても、構わないんだ。

 

答えられなければ、

 

「これは、まず基本だから覚えようね」

 

と言って公式を教えるだろうし、

 

答えられたら、

 

「お!そうそう!公式は、大丈夫だね」

 

と言って、次に進む。

 

質問してくる生徒の中には、

 

『何が、分からないのか、分からない』

 

なんて子もいる。

 

だから、質問してきた生徒に、

 

僕は、逆に、質問しながら、

 

その何が分からないのかをあぶり出していく!

 

さて、その子の事なんだが、

 

確認していく中で、

 

ある事に気が付いた。

 

九九が、

 

言えなかったんだ。

 

僕は、

 

嬉しかった。

 

ん!?

 

ちょっと、意味が分からない!?

 

もう一度、書きます。

 

『嬉しかったんです』

 

九九が言えない事が嬉しい!?

 

いや、違うんです。

 

九九は、塾に入る前の小学生で学習したところ。

 

そのところが出来なくても、

 

そこを責める積もりは、毛頭ない。

 

九九が言えないところがあっても、

 

真面目に塾に来て、

 

宿題をやって、

 

毎回、定期テストで順位を上げてきた、

 

その子の存在が嬉しかったんだ。

 

きっと、塾で、指導している方なら、

 

分かると思うんです。

 

勉強が苦手だったり、

 

苦手な教科がある子は、

 

そこから逃げたくなるんです。

 

その子も、入塾前は、

 

学校の順位では、真ん中より下。

 

でも、一歩ずつ、歩んできたんだ。

 

勉強は、積み重ね。

 

小学生の内容で、

 

完璧じゃないところもあるけど、

 

それでも、前に進んできたんだよ。

 

それを見ていて、

 

僕は、嬉しかったんだ。

 

僕は、その子の今だけを見ているんじゃない。

 

その子が出来なくて、

 

解けなくて、

 

苦しんだであろう、

 

過去も、頭で想像して見ていたんだ。

 

 

僕らは、毎年、何百人と生徒達を見ているから、

 

子供達のレベルなんかは直ぐに分かるし、

 

その後の進学するであろう高校も、

 

ある程度、予想が立つ。

 

ある意味、その点では、

 

僕らはプロだし、

 

親の方が素人だ。

 

これは、仕方がない事。

 

時には、周りの子供や自分の子供のレベルを知らず、

 

もっと良い成績が取れるはず!

 

と思い込んでしまう親もいる。

 

でも、それは、それで分かる。

 

だって、僕らみたいに、

 

多くの子供と触れ合っていなければ、

 

分からない事だから。

 

九九が言えない事は、

 

僕とその子と親しか知らないはず。

 

そして、次の授業の時には、

 

きっと言えるようになっているはず。

 

九九が言えなくても、

 

恥ずかしい事ではない。

 

誰だって最初は、言えなかったんだから。

 

覚えていても、忘れてしまう事もある。

 

また、一歩ずつ進んいけば良いんだ。

 

さて、今回も、自己ベストの順位の更新となるかな!?

 

ちなみに、その子、

 

学校では、上位3分の1近くの順位に入ってくるようになったからね☆

 

真面目にコツコツと努力していれば、

 

伸びるよね!

 

今日は、こちらの動画をどうぞ↓

中3の数学の授業!

誰が1番早いかな!?

https://youtu.be/BoNG0acNsaY