川越最強爆裂松江塾!

松江塾の日常から、僕のプライベートまで幅広く書いていきます!

全員が430点以上取った学年!

 B館に、C館に、

早くから自習に来ている子達がいる。

中3は、約半数の子が自習に来て勉強している。

強制はしていないが、

自ら自習に来ている。

今年の3年は、

全体の意識が高い!!

思い返せば、

2年前の中1の最初の定期テストで、

全員が430点以上取った学年だったからね!!

さすがだ!


A館やB館では、

午後3時から、数学の補習をしている。

まだ、ちょっと穴があるね。

埋めていこう。

北辰テスト400点越え連発!?

 毎日のように、

僕は生徒と二者面談をしている。

今日で、

中3の約4分の3の生徒達との面談が終了した。

その時に、

6月の北辰が、

手応え的に何点ぐらいなのかを1人ひとり聞いている。

以下は、その点数である。

自己採点の点数ではないので、

実際の点数とは開きがあると思います。

その点は、ご理解頂きたい。



430点から440点

425点前後

420点

400点から410点

420点前後

400点前後

400点前後

400点前後

400点前後

390点から400点

390点から400点

380点前後

370点から380点

370点から380点前後

360点から380点

360点から370点

360点から370点前後

360点前後

360点前後

350点から360点前後

350点から360点

350点から360点前後

350点前後

340点前後

330点前後

330点前後

330点前後

300点ぐらい

点数順に並べると、

このような点数である。

仮に北辰の平均が250点なら、

塾内の北辰の平均は、

プラス100点ぐらいいきそうだ!

塾内の平均は、

350点を超えてくるかもね。



あの休校の3ヶ月間で、

君達は、毎日、

勉強と向き合ってきたね。

その成果が出てきたね!

学年1位の子達の勉強が見える塾!

 
 今は、定期テスト前。


塾生は、毎日塾に来て勉強している。


松江塾は、


その子達の勉強の様子をリアルタイムで、


映し出しているのだ。


保護者の方は、


それをリアルタイムで見る事ができる。




これは、僕が1年ほど前にスマホで撮って、

YouTubeにアップしたもの。

イメージは、似ていると思う。


実際には、今、iPadを固定して映している。


通常の僕らの授業だって、

生徒達の勉強の様子だって、

完全生配信!


謎に包まれていた松江塾は、

ガラス張りのようにスケスケとなった。


日本中の全ての教育機関が、

そうなって欲しいよね。


5年後か、

10年後か分からないが、

いつか、

それが当たり前となる時代が来るだろうね。

松江塾は、

常に時代の一歩先をリードする!

裏切られたAKR!

 昨日は、爆裂初日。


中1の子達は、


時間通りに始められるはずがない。

長年の勘から、


僕の心の中では、


そう思っていた。



獲物を狙うライオンが、


草原に身を隠すかのように、


僕は、


虎視眈々と爆裂開始のその時を待っていた。


1番最初に、

ビシッと話をしようと心に決め、

完全に狙っていたんだ。


そして、


時計が、午後7時20分を指した。


すると、ある生徒が、

「時間だ!始めなきゃ」

と言った。

周りの子も、

教科書やテキストを出して、

準備を始めた。


AKRライオン🦁の出番は無くなった笑


良い意味で、生徒に完全に裏切られた!


僕は、


生徒達の前に立って、


全ての事を話した。


そして、


時間通りに始められた事を褒めた。


今年の中1からは、


目が離せないね!

私立高校の説明会へ

 午前中に、

ある私立高校の説明会へ参加してきました。


僕が予想していた通り、


ある高校では、


『中2の3学期の内申』も、

判断基準に含めるそうです。

また、中2や中3の校長会テストも、

参考にするそうです。



今後、

いくつかの私立高校の情報をYouTube

アップします。


いやー、


それにしても、


最後の質疑応答の時間、


ピリピリしたー!


その場にいた方は、分かるはず。


質問された塾の先生は、

高校側が提示した基準について、

曖昧な点があって、

その点の質問だった。





僕は、

塾の先生の気持ちも、

高校の先生方の気持ちも、

両方理解できる。


今年は、

コロナの影響で、

塾の先生方も、

私立高校の先生方も、

困惑しているのが窺えた。


1つ言えるのは、

昨年の入試より、

若干入りやすくなる高校が出てくると思います。

勿論、全ての私立高校ではありませんが、

そのような高校は出てくるでしょう。

ある学年の子達の志望校

 
 今日は、中3の子達、

10人と二者面談をした。


また爆裂後は、三者面談もした。


生徒達には、


面談の用紙を配り、


その用紙を参考にして、


僕は、面談を進めていく。


以下は、


ある学年の子達の志望校の欄に書かれたものです。



浦和

浦和

一女

一女

大宮

大宮

大宮

川高

川高

川高

川高

川高

川高

川高

川女

川女

川女

川女

川女

川女

川女

川女

川女

川女

川女

川女

川女

川越東

所沢北

所沢北

所沢北

星野

星野

星野

星野

川越南

川越南

坂戸


大半の子が、川高、川女以上を志望している。


松江塾で勉強するという事は、


そのレベルを志す子達がいる環境となる。


環境が人を変える。


川高、川女を目指すなら、


是非、松江塾へ!